理系のためのリフォーム入門

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 妊婦の摂取における有効性について!

妊婦の摂取における有効性について!

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。

 

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用しているケースも多いです。

 

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリで摂ることが望ましいです。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

 

葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。

 

ですので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

 

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。

 

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。葉酸は自然の食品にも含有しています。例えばほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段の食事でも葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

 

葉酸 サプリ ベビ待ち